スポンサー広告

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーム

そうだ、京都に行きたい。

いうか今むっちゃ行きたい(`Д´) ムキー!
というか庭園が見たい。
とまぁブーブー言っても始まらないので、枯山水について、特に有名な「龍安寺」のこと書こう

京都行ったことある人なら一度は立ち寄ったことあるお寺だと思うけど、実はここ、建てられた当初は庭園よりも「しだれ桜」で有名だったんだ。
というか最初は庭はなかったらしい。そこで不思議なのがこの庭、「いつ」「誰が」「なんの為に」作ったのか、詳細が不明なんだそうだ。
色んな資料やら文献から推測はできるけど、どの説も決定的な証拠がない上にあれやこれや矛盾が生じる為に定説にはいたらないのがまた不思議( ̄_J ̄)

そしてこの庭一番の謎が、みんなが見に来るのにそもそも「美しい」かどうかもはっきりしないということ。
見る人によって価値や意味が変わってくるところは「禅」の考え方にも通ずるものがある。

ここからは興味ある人しか面白くない内容だけど、
まずこの庭には15個の石が5組に分かれて、無造作っぽく置かれている。
並び方のせいで、15個を同時に見ることができないというから驚きだ。
庭の奥の塀は右が低く左が高くなっていて、遠近法が使われている。
これは有名な「モナ・リザ」と同じ技法だ。
石は7・5・3の並びになってるとか、「虎の子渡し」を模してるとか色々意味が推測されてるけど・・・
ぼくが一番驚いたのはもっと現実的な話で、1:1.618という「黄金比」をそんな昔から用いてるということ。
石と石の並び方の幅ががそうなっているらしいのだ。
「黄金比」っていうのは誰が見てもきれいに見えるっていう比率で、ノートの縦横の長さ(全サイズ)だったり、テレビの大きさ、「ミロのヴィーナス」に至ってはおでことその下の長さ、おへそから上と下の長さなど、いたる所に使われてる。
そら美人に見えるわけだ。腕ないのにw

というように、不思議と謎と美と匠の技と、いろんなものが凝縮されている。
庭を前にして座ると、色んなことを考えさせられ、ぼーっと眺めているだけでも心が洗われるような気持ちになる。
善も悪もないこの空間に、今無性に行きたい( ̄人 ̄)
スポンサーサイト

テーマ : みんなに紹介したいこと
ジャンル : ブログ

プロフィール

chocon.

Author:chocon.
chocon cafeへようこそ!
ニコニコ生放送で料理配信したものや、そのレシピを中心に掲載していきます^^/
たまーにカフェやレストランの情報も配信していきます。
動画内では「セミプロ」と呼ばれていますが、プロじゃないので内容の雑さは気にしないでください。
イタリアンなど、洋食(とゆうかほとんどパスタ)が中心ですが、何かリクエストがあればどっかに書き込んでくださいな。

カレンダー
05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
検索フォーム
ご来店人数
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。